中年太りの原因も酵素不足から

食べる量は前と変わらないのに、40代にもなると太りやすくなります…。いわゆる”中年太り”ってやつですね。

 

中年太りの原因にも酵素が関係しているそうな。
つまり、酵素を取り入れれば中年太りの予防につながるということ。これは頼もしいぞ!

 

 

中年太りはなぜ起こる?

 

中年太り

中年太りの原因は、“基礎代謝の低下”によるもの。基礎代謝っていうのは特に運動しなくても生活している中で勝手に消費されるエネルギーのことを言います。たとえば心臓を動すことも、血液循環を行うことも基礎代謝に含まれます。

 

基礎代謝は10代後半をピークに年齢とともに落ちていってしまうもの。だとしたら、40代になっても食べる量が10代後半のときと同じなら、燃焼量が少なくなってるので当然太りやすくなるってことです。

 

酵素には食べ物の消化や運動機能の活発化など、体のめぐりをよくさせるための働きをしています。しかし、人間40歳を過ぎると酵素の量が急激に減ってしまうんです。残念ですが、これは人間の体のしくみ(老化現象)なので仕方のないことなんです。。。

 

基礎代謝を上げれば中年太りは防げる

 

基礎代謝

中年太りを予防・改善するために基礎代謝を上げるにはどうしたらいいのか。

 

まず大切なのは、筋肉を衰えさせないようにすること。筋肉を鍛えることで基礎代謝は上がります。
筋トレをするのも良いですが、ウォーキングなどの有酸素運動も基礎代謝アップに効果的だし、なにより簡単でいいですよね。

 

そして、40代から一気に不足してしまう酵素を体外から補うこと。
酵素の働きは生命活動そのものなので、酵素が含まれる新鮮で栄養価の高い「生の食べ物」を摂ることが一番の方法です。

 

 

中年太りは現代の生活習慣病の一種ですが、昔の日本人は旬の野菜やとれたての新鮮な生魚、発酵食品を多く食べていました。

 

それが、最近では食の欧米化が進み加熱調理されたものや、添加物の入った食品、ジャンクフードなど、酵素がほとんど含まれていないような食事がほとんどです。
基礎代謝を上げるためにも生食、それも安全で栄養価の高いものを摂取することを心がけましょう。生食を摂ることが難しいなら質の高い酵素サプリメントを活用するのも手軽な方法です。

 

ちょっとお金をかけてもきちんと栄養がある安全な生野菜から酵素を摂取することは、中年太りの予防だけでなく、健康面でのあらゆることに重要だといえます。食にお金をかけるか、医療費にお金をかけるか。どちらが正しい選択かは一目瞭然です。